ジェルネイルとは?

ジェルネイルとは、ウレタンアクリル樹脂などが成分のジェル状の素材を爪に塗り、専用の機械でUVライトを当てて硬化させるネイルアートのことです。

これまで主流であったマニキュアに代わり、2006年頃から日本でも流行となっています。

ジェルネイルには大きく分けてソークオフジェル(ソフトジェル)ハードジェルの二つの種類があります。

ハードジェル

ジェルネイルが出来た時からあるタイプです。

硬さがあるので、ジェルのみで爪の長さを出したり高さを足すことができます。
強度もあるので大きさや重さにとらわれず、様々なアートを楽しむことができます。

ツヤもよく見栄えもきれいにできますが、ジェルを落とすには削らなければいけないので、
自分の爪まで削ってしまう恐れがあり、爪に負担もかかりやすくなります。

ソークオフジェル(ソフトジェル)

ソークオフジェルとも呼ばれるソフトジェルは、柔軟性があり爪にフィットしやすいのが特徴です。また、「アセトン」という専用の除去液によって簡単に落とすことができ手軽に使用できます。

爪に極力負担をかけずにできるので、現在の日本のネイルサロンではこのソフトジェルが主流となっています。

やわらかい素材なので、爪の長さを出すのには不向き(2-3ミリ程度なら可能)ですが、ハードジェルよりも爪を痛めず自然な仕上がりが楽しめます。

ページの先頭へ